「スクリーンセーバー無料で快適ライフ」トップページ>特徴と役割

特徴と役割

スクリーンセーバーとは、パソコンで一定時間、マウスやキーボードによる操作がなかったときに、モニターに映し出される画像・アニメーションのことです。

パソコンに最初から組み込まれているものから、スクリーンセーバーを提供しているホームページからダウンロードできるものなど、様々な種類があり、自分の好みで自由に設定することができます。

最近のディスプレイは、液晶タイプが多くなってきましたが、かつてはブラウン管(CRT)が主流で、同じ画面を表示し続けることが原因で起こる焼き付きを防ぐ役割がありました。

今はディスプレイの性能がアップしているので、ディスプレイの保護というよりは、個人の好み・趣味を反映させた画像・アニメーションとなってきています。職場などで他のパソコンで起動しているスクリーンセーバーを見かけたりすると、その人の好みが少し分かる気がしますね。

また、スクリーンセーバー起動中から元の画面に戻るときに、パスワードを入力させるように設定することが可能で、パソコンを第三者に操作させないようにすることができます。