「スクリーンセーバー無料で快適ライフ」トップページスクリーンセーバーの設定Windows8.1でスクリーンセーバーを設定する方法

スクリーンセーバーの設定

2014年4月9日でWindows XP(Office 2003、Internet Explorer 6)のサポートが終了しました。

私は、Windows Vista、7は使うことなく、随分と長い間XPを使い続けていました。

もう閲覧するWebサイトによっては表示が遅く、ブラウザ以外のソフトウェアも動作が重い状態でしたので、Windows 8.1搭載のパソコンに乗り換えました。

サポートが終了し、さらに消費税が2014年4月から8%になることも重なって、3月中にパソコンを買い替えた方も大勢いらっしゃると思います。

新しいパソコンでもスクリーンセーバーを満喫するために、Windows 8.1での設定方法を掲載しておきます。

  1. パソコンを起動させて最初に表示されるスタート画面にて、左下の「デスクトップ」をクリック(タップ)して、デスクトップに移動します。
  2. アイコンがない空いたスペースを右クリックして「個人設定」を選択します。
  3. 個人設定ダイアログの右下にある「スクリーンセーバー なし」をクリックします。
  4. 「スクリーンセーバーの設定」ダイアログの「スクリーンセーバー」にあるプルダウンをクリックして、バブルやラインアートなどの中から好きなのを選択します。
    3Dテキストなどは「設定」から、さらにサイズや回転の速度などを調整することができます。
    一緒に、待ち時間や解除時にログオン画面に戻るか設定しておきましょう。

デジカメやスマホで撮影した写真がいっぱい保存してあるという方は「写真」を選択して「設定」からスライドショーを作ることも可能です。

お子さんやかわいい動物・美しい景色など、好きな写真画像でパソコンを彩ってみてください。

職場ではなくプライベートのパソコンの場合、ほとんどの方はデフォルトのスクリーンセーバーは使わないかもしれません。

今後は、Windows 8対応のものも紹介していきますので、ぜひご利用ください。


トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔